●HSPIPソフトウエア購入に際して●

●ご購入にあたってのご注意事項
●ご購入方法の注意事項
●動作環境
●私どもでご購入いただくメリット
●HSPiPと日本語マニュアルの価格
●サポートについて
●お客様からの声

【ご購入にあたってのご注意事項】
 


このHSPiPのソフトウエアは、現在、世界中のユーザーにご利用いただいてますが、開発の先生方、Dr.Hansen、Pro.Abbott、Dr.yamamotoの「良いソフトウエアを、より安価で世界中の研究者、技術者の手に」という化学者としての強い希望により、開発費等、全ての経費をかなり押さえております。
それゆえ、営業やテクニカルサポート要員もございません。ご購入後であっても、使い方をお教えするデモや体制を作る事はできませんのでご了承下さい。

内容に関しては、研究者、技術者の皆様がご自身で学ぶ必要のある、アカデミックなソフトであることをご理解の上、お買い求めをご検討されますようお願いします。

効果や機能をお知りになりたい場合はこちらをご覧下さい。

http://www.pirika.com/JP/HSP/

http://www.pirika.com/NewHP-J/FFE/FFE.html

http://www.hansen-solubility.com/index.php

【ご購入方法のご注意事項】
 


※全ての経費を押さえるため、ご購入のお手続きも簡略化させていただいていますのでご理解をお願いします。そのため、細かい事ですが、以下、実費負担をお願いします。

・ご購入の際は、当方指定の銀行口座にご入金をお願い致します。約束手形等のお取り引きは出来ませんのでご注意下さい。(こちらでは対応できませんので経理担当の方にご相談下さいますようお願いします。)

・振込料金はご負担下さい。

・製品版のCD−Rは、特にご連絡がない場合、基本的には定形外郵便(200円+税〜)でお送りしております。簡易書留、速達、宅急便等ご希望の場合は直接ご相談下さい。それぞれ郵送料がかかります。

・領収書を必要とされる場合の印紙代等もご請求させていただきますので、どうぞご了承下さい。

※なお商品の性格上、ご発注後のキャンセル、返品等はお受けできませんので予めご了承願います。

※法人のお客様は商品到着後、御社の支払いサイクルによるご入金も可能です。

※ライセンスは基本的にご発注から1週間程度でお届けいたします。

お見積もりの場合はご希望の品と、下記情報を明記の上、メールにしてお問い合わせください。

HSPiPの購入をお考えのお客様》

●HSPiP のダウンロードタイプ、CD-Rタイプは、どちらをご希望でしょうか。
●e-book(HSPiPの基本理論を解説したもの)、How To(HSPiPの使い方を解説したもの)をおつけしますか。(どちらも日本語マニュアル)

ライセンス取得に必要なお客様の情報

●御社名
●ご住所
●お電話番号
●ご担当部署
●ご担当者名

※HSPiPのライセンスは個人名で発行されます。担当の方と、ライセンスを取得するの方が違う場合は、サポートを受ける方の情報をお願いします。

●今後サポート等を受ける方のお名前、会社名(英語表記)
●今後サポート等を受ける方のメールアドレス


速やかに対応させていただきます。
お見積もり→こちらまでsoftware@question-tv.com

※ご研究のご都合などで社名や担当部署等の公表に問題がある場合は、ご相談下さい。

【動作環境】

→Ver.4
→Ver.5の注意点

Windows XP以降 

ソフトウエア自体は以下のページからダウンロードをすることとなります。

http://www.hansen-solubility.com/index.php?id=16


インストールには15Mbyte以上のHDD空き容量が必要です。
このソフトウエアの動作には、Microsoft社の「 .Net Framework 4.x」が必要となります。
もしご使用のPCにこのプログラムがインストールされていない場合は、以下からダウンロードして下さい。(無料)

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/netframework/aa569263

 ※プログラムのインストールにはそのPCの管理者権限が必要となります。それに関しては、こちらでは対応できませんので、お客様のPCシステム管理者にお問い合わせ下さい。
 ※またご使用のPCによっては、「.Net Framework 3.5」をインストールしてから「4.x」へのバージョンアップを求められる場合があります。

【私どもでご購入いただくメリット】
 

1)開発者と直に繋がっておりますので、万一の時のバグ解決がスムーズです。
2)メニュー画面は英語表示となりますが、ご購入時に日本語で表記されたドキュメントをご提供いたしますので安心です。  
3)法人のお客様はライセンスお受け取り後のご入金も可能です。 

→映像工房クエスチョンでご購入いただいて現在HSPiPをご利用のお客様の声

【価格】

HSPiP

●HSPiPの価格

また円ドル相場によって見直しておりますので、見積もりをお取り下さい。
HSPiPは為替相場により価格を予告なく変更しておりますので、ホームページ上の現在の価格とお見積が違う場合がございます。

<ダウンロードタイプ>
1ライセンス DL版:199,700円
2~5ライセンス DL版:182,600円
6ライセンス以上 DL版:179,500円
※複数ライセンスの場合は1ライセンスあたりの価格です。

<CD-Rタイプ>
1ライセンス CD-R版:209,700円
2~5ライセンス CD-R:192,600円
6ライセンス以上 CD-R版:189,500円

お買い求めの時点での最新ソフトウエアとライセンスファイルをひとつのCD-Rにまとめた製品版もご用意いたしております。
ファイルダウンロードだけでは不安というお客様はこちらをご注文ください。

【日本語マニュアル「e-book」と「How To」】

HSPiPのマニュアルは、ソフトウエア本体に英語版が同梱されております。
当方ではこの他にこれを翻訳した日本語マニュアルを2種類ご用意しております。
有償となりますが、当方から、ライセンスと同時にお求めのお客様は割引価格でお求めになることができます。
またダウンロードが規制されている場合や製品版が必要なお客様には、CD-R版もご用意しております。CD-R盤の価格は5000円(+送料200円)+税を加算していただくことになりますが、[e-book][How to]、2種類をまとめてお買い求めいただいてもCD-R1枚分のみの価格で結構です。
またHSPiP本体を製品版でお買い求めでマニュアルもご希望のお客様は、そのCD-Rに全て含めるため別途の費用は必要ございません。
(著作権者希望によりコピーガードがかかっております。)

●「e-book」(HSPiPの基本理論を解説したもの)販売価格

ライセンスと同時にお申し込みの場合:17,000円+税
ライセンスと同時にお申し込みでない場合:34,000円+税

「How to Ver.4」(HSPiP Ver.4の使い方を解説したもの)販売価格

ライセンスと同時にお申し込みの場合:12,000円+税
ライセンスと同時にお申し込みでない場合:24,000円+税

「How to Ver.5」(HSPiP Ver.5の使い方を解説したもの)販売価格

ライセンスと同時にお申し込みの場合:15,000円+税
ライセンスと同時にお申し込みでない場合:30,000円+税

※ダウンロード版でお買い求めのお客様には、ダウンロード先のURLをお伝えする形で納品いたします。
※CD-R版での納品の場合は、上記価格に別途製作料5,000円+送料200円+税が必要となります。

→HSPiP5のページへ

※価格は変動する事がございますので見積もりをご請求下さい。
【ご購入後のサポート等】
 

●インストールに問題が発生した時やバグ、不具合などは、以下まで日本語でお問い合わせ下さい。その際、映像工房クエスチョンで購入した旨、お伝え下さい。

yamahiro★pirika.com(★を@に変えてください)

【●お客様からの声】
 

おかげさまで、HSPiPをご利用頂いているお客様からご感想をいただいています。ほんの一部ですがご紹介致します。

・こんな実用的なソフトウエアがあったのか、というのが実感です。HSPiPを使い製品設計、技術開発ができるということは企業にとってはかなり重要な位置付けになります。
・このソフトを使うことで、今まで評価できなかった現象論を理解できたことが沢山あります。
・どんな最新の分析機器を使ってもわかりにくいことがHSPiPによりイメージと結びついて現象論を理解できるというのは、想像以上に素晴らしいことです。
・弊社ではこれまで2ライセンス購入致しましたが、 その研究実績からHSPiPの素晴らしさが社内に広まり、 新たに2ライセンス購入したいと考えております。
・この低コストでこれほど価値のある研究ができる事が、信じられない気持ちです。良いことづくしです。・迅速で適切なサポートに驚きました。非常に心強いです。
・代理購入というシステムのおかげで口座管理もしやすく、とても助かります。

新バージョンとなったHSPiPを、これからもよろしくお願いいたいします。

→前のページに戻る

 

●タイトル写真の由来 HSPiP開発者の一人、チャールズ・ハンセン博士が研究を進める時の「A good wind blows toward us!(いい風が吹いているじゃないか!)」という口癖から、冒険心や新発見をイメージしたものです。